抗がんの情報が満載!

抗がん剤の管理では保存するための温度に気を付ける

抗がん剤の管理では保存するための温度に気を付ける 抗がん剤の治療は、がん患者に行われる措置で入院患者を減らす上でも貢献している治療法です。
症状によって1クール単位で実施され、それを行うことで治療から延命まで様々な効果が期待できます。
実際に最近の抗がん剤の効果は目覚ましく、10数年前よりも著しく生存率が向上しております。
ただ生存率が上昇している点が見られるだけで依然として、それにより亡くなる人も多いです。
抗がん剤は点滴で行うことができるタイプが主流で、液体タイプになっているため、温度管理を徹底させる必要があります。
それがうまく行われないと効果が出にくい状態になることも多く、その保存を如何に行っていくかがカギを握ることになります。
これについては看護師の仕事になり、種類に応じて最適な方法で行っていきます。
また間違いを防ぐためにも点滴の針を刺す場合には患者に名前による確認が行われることも多いです。
他にも抗がん剤の治療では、副作用の面でも患者自身が自己管理を行うこともポイントとなります。

品質を劣化させない抗がん剤の管理は湿度に注意

品質を劣化させない抗がん剤の管理は湿度に注意 がん治療を行うときに抗がん剤を使用することになった場合、内服薬が処方される場合があります。
家で管理するときには、どのような点に注意すればよいのでしょうか。
薬は錠剤やカプセルに散剤があって、いずれも直射日光を避けて抗がん剤を管理しなければなりません。
高温になってしまうのも問題があるため、冷蔵庫にしまってしまう人もいます。
しかしここで問題になってくるのが湿気で、冷蔵庫の中は割と湿度が高い傾向があり、湿気取りでコントロールしている人もいるでしょう。
プラスチック容器に乾燥剤と一緒に薬を入れて保管すれば冷蔵庫の中で湿気の影響を受けずに済みます。
室内の湿度に問題がなくて、室温も25度以下であれば冷蔵庫にしまう必要もありません。
冷蔵庫にしまっておくと取り出した時に温度差で容器や薬の個包装に結露が出ることがあるので、すぐに飲まずにしばらくテーブルの上に放置するのもよくないので、室内の状態に応じた抗がん剤の取り扱いをしていきましょう。