抗がんと室内管理の方法

抗がんと室内管理の方法

抗がんと室内管理の方法 がんの告知を受けた方が選択する治療方として現在は大きく分けて3つ方法があると言われています。
ひとつめは、手術治療です。手術で、がん細胞そのものを取り去るという方法です。次に化学療法または薬物療法とも呼ばれる薬を用いての治療法です。最後にがん細胞を放射線で攻撃する放射線治療です。
一般的に、抗がん剤治療とは化学治療と呼ばれる治療方法のことです。がんのステージや患者さんの体力などにより、選択できる治療法は大きく違ってきます。
また、場合によっては複数の治療法を混合して治療を進めることも少なくありません。
抗がん剤の場合、放射線を含んでいるものもあります。ですので、管理には十分気をつける必要があります。防護服を必ず着用しなければなりません。管理については、室内の施錠できる棚などに保管することが大切です。あやまって手に触れてしまうことのないように注意を配らなけばなりません。正しく安全に活用するようにしましょう。

抗がん剤の管理に必要なこと及び保管のコツについて

抗がん剤の管理に必要なこと及び保管のコツについて 抗がん剤の管理にはいくつかポイントがあります。まず、治療を受ける患者自身が治療についてよく理解しておくことが求められることを留意しましょう。そのため、抗がん剤による治療が始まる前に、確認するべきことがいくつかあります。
最初に、治療のスケジュールです。飲む期間や間隔はきちんと決められているため、守らなければなりません。投与の方法も大事であり、点滴か飲み薬か場合によって使い分けをする必要があります。重症の場合や飲み薬では対処が難しいと判断される場合には点滴が主体となります。必ず把握しておくべきことは、予想される副作用を把握することです。これも医師と話し合って管理しておかなければなりません。
自宅療養時には家族の協力も不可欠となります。もしも療養中に抗がん剤の保管を自宅で行う場合のコツは、まずは日航の当たりやすい場所など、薬の品質が劣化しやすい環境には置かないことです。さらに、子供やペットが誤って飲んでしまわないように目に届かないところで保管しておくこともポイントといえます。アレルギーなどなんらかの異常がみられる場合には、医師にすぐに連絡をとっておくことも大事です。