抗がんの情報が満載!

抗がん剤による副作用を漢方で健康管理しましょう

抗がん剤による副作用を漢方で健康管理しましょう がんに罹患する人の割合は増加傾向にありますが、治療方法も多岐にわたっているため過度に心配する必要はありません。
外科手術や化学療法、放射線治療など様々なものがあり、1つの治療だけでなく組み合わせることで高い効果を得られるようになっているからです。
化学療法の1つである抗がん剤治療は、抗がん剤の種類も豊富ですから体質に合うものを見つけることができれば、高い改善効果が得られます。
ただ抗がん剤はがん細胞が増殖したり活性化することを抑えることに役立つ一方で、それ以外の細胞にも影響を与えてしまいます。
その結果、副作用として眩暈を起こしたり食欲減退、毛が抜けるといった症状が出やすくなります。
そこで抗がん剤の副作用を改善するときに役立つのが漢方の力です。
漢方を適切に使用することによって健康管理に役立ちますから、組み合わせをすることをおすすめします。
もちろん漢方と抗がん剤治療を併用するときには、組み合わせが良いものもあれば良くないものもありますから、医師や専門家に相談をすることが大事です。
がん治療は根気よく行うことが大事ですから、そのためには健康管理が欠かせません。
免疫力を高めて、副作用を最小限に抑えるようにしましょう。

抗がん剤と併用して使われる漢方の管理や期限に気をつけよう

抗がん剤と併用して使われる漢方の管理や期限に気をつけよう 抗がん剤は手術や放射線治療などと共に行われるがん治療の一つです。
抗がん剤を利用している人は多いですが、副作用が酷かったり体質に合わなかったなどの理由から使用をやめた人や、やめたがっている人が多くいます。
副作用に関して医師に相談したことがある人は多く、約8割の人が何かしら悩んでいるそうです。
抗がん剤の副作用は生活の質などく低下することに繋がったり、治療自体を途中でやめざるえない可能性も出てきます。
副作用をある程度ケアすることによって病院における治療を適切に受けることができ、身体を改善することができるとも言われています。
代表的な副作用として吐き気や倦怠感、手足のしびれや痛み、口内炎や下痢などがあげられます。
従来は吐き気や痛みに対して西洋薬が利用されていましたが、最近では漢方薬を併用することによって抗がん剤のいろいろな副作用を軽減することが可能です。
漢方薬を使用している病院は多く、その場合自宅での管理が大切になってきます。
日の当らない場所や涼しい場所に保管するように、期限以内にきちんと服用することが大切です。
漢方薬自体は副作用がほとんどないので安心して利用することができます。
抗がん剤に副作用を抑えながら適切な治療を受けることができるでしょう。

抗がんに関するお役立ちリンク

漢方で抗がん治療をする